サロンカラーとホームカラーの違い

☆サロンのヘアカラーとホームカラーの違いについて説明していきます。

ヘアカラーは通常、1剤と2剤(過酸化水素)を混ぜ合わせて使います。
染料の入った1剤に種類があるように、2剤の過酸化水素にも濃度の違いがあり、髪の状態や目的によって使い分けをします!

ホームカラーの過酸化水素濃度は6%のみ、対して美容室の2剤は1~6%と髪の状態によって使い分けることでダメージを軽減する事ができます。

カラーをされている方の多くは、月に1回程度染められていて90%近くが既染部の状態です。
カラーを重ねることはそれだけ髪の毛に負担もかかりますし、
残ったカラーやダメージによって色ムラができる可能性がありますのでご自分でホームカラーをされる場合は注意が必要です。

美容室では新しく生えてきた新生部と既染部を塗り分ける事ができますので、均一でキレイな仕上がりにする事ができます!

自分でホームカラーをした際の失敗として、
色が暗くなりすぎてしまった
ダメージで髪の毛がガチガチになってしまった
というお話をよくお聞きします。

一度濃く入ってしまった染料はなかなか抜けづらく、
元の明るさに戻すのに何ヶ月もかかってしまったり、ブリーチを必要とする場合は余計なダメージをおってしまいます。
ダメージに関しても、傷んでしまった髪の毛は自然に回復する事はありません。

トリートメント等でこまめなケアが必要になります。市販品に比べると、どうしてもお金の掛かるサロンカラーですが色味が豊富で、お客様の希望に合わせて明るくも暗くもできます。
カラー前や後のトリートメントも充実しているので傷みを最小限にカラーを楽しむ事ができます!

SOL 横山

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 酸性ストレート

  2. ヘアエクステQ&A

  3. ヘアエク増毛 施術例

  4. 新トリートメント oggiotto(オッジオット)入荷しま…

  5. スタイリングとお手入れについて

  6. 練習風景

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。